作家を目指す人のブログの使い方には少し工夫が必要です

作家というのはある日突然なれるものではありません。また、文章を書いて世の中に公表したいならまずはブログを書くことから始めるように勧める声も多いですが、部分的には違うと思います。

ブログではフォロワー数がわかります。自分が書きたい内容をきっかけに多くのフォロワー数がつくならそれにこしたことはありません。ですが実際は世間の関心を集めやすい話題というのがある程度は存在します。

正直言って自分にとってそこまで大事ではない、あるいはすでに書いている人が多い話題でもフォロワー数維持のためにしかたなく書いている人もいるでしょう。

以上のことから、ブログでの文章公表は、自分が考えていることに対するフィードバックがある、世の中の需要を考慮して文章を書くよい練習になるのと同時に、自分はもともとは何を書きたかったのか置き去りにされがちという危険性も併せ持っています。

周りの人が興味がなくても、実はいかに世間にとって重要なのかアピールすることが重要なのです。興味を持ってもらえないから書かないのではなく、興味がないはずなのにある気がするといかに思わせるかということなのですが、ブログをしているとやはりまずは手っ取り早く読んでもらえるようになりたいと思ってしまうものです。

思いついたことを書きこむ場所と考えてみる

作家を目指す人としてブログを利用するなら、ブログではまとまった文章を書く場というよりも毎日思いついたことの公開メモ帳としてとらえるのはいかがでしょうか。

書きたいことというのはある日突然降って湧いてくるとは限りません。日常生活でのふとした違和感や感情の揺らぎを蓄積させていきそれを総合していくことで、新たなアイディアとしてまとまることがあります。

アナログの時代なから違和感や感情の揺らぎの度にメモ帳に残しておくでしょう。現代なら、紙を使わなくていいし、書いた後のメモ帳をなくす心配もない、ひょっとすると誰かのコメントが次に繋がるアドバイスになるかもしれないからブログにメモしてみましょう。

また、ブログでは言葉のセレクトにオリジナリティを求めると、例えば内容は、レストランについてのありきたりな食事レビューだとしても、一味違う文章になります。

作家が描写する舞台はあくまでも普通の生活の場であるはずです。ならば言葉のチョイスを変えるだけでも十分に、物語や評論を執筆する練習にもなることでしょう。ツールとしてのブログの良し悪しをよく吟味して、現代ならではのやり方で作家を目指しましょう。