仕事一筋な人間がニート生活を送ることの難しさを学ぶ

私は高校を卒業してすぐに仕事に就きました。工場勤務をしていてコツコツとした作業が好きだったので就いた仕事は私にとても向いていました。なので仕事はずっと続けてきたしこのままここで就業していくのだろうと思っていました。

けれど派遣と宿命と言いましょうか、現場の仕事がなくなることになり仕事場が変わることになったのです。初めて派遣先が変わることと一人暮らしに不安はありましたが、楽しみでもありました。実際に一人暮らしを始めて仕事も変わりましたが、それはそれで楽しかったです。

新しい仕事先の業務が楽しくて思い切ってこの仕事先にしてよかったと思っていたのですが、私の仕事ぶりを評価して頂き派遣会社にスカウトされ管理者として今までの自分のような派遣スタッフを管理する仕事に就くことになりました。

苦手分野でしたが自分のスキルを上げるために色々なことを経験しておいてもいいという気持ちからの転職でした。1年はこの仕事を続けましたが最初から苦手分野だと分かっていただけのことはあり、長い目で見た時にこの仕事は続けられないと思ったので仕事を辞める決意をしました。

仕事から離れるのは初めてでしたので正直不安でしたが、私のいい年なので先のことを見据えていきたかったのです。何回も上司との話し合いを経て転職することを正式に決めて会社を辞めました。とはいえ、今は通院していますのですぐの転職はできないため今はニート生活を送っています。

今しかできないニート生活でしていきたいこと

仕事を辞めることもニート生活も初めてなので不安しかありませんし、毎日何をしようかで悩んでいます。前日に翌日やることを決めてその予定を実行するという毎日を送っています。

今現在、結婚を前提にしたお付き合いをしている彼氏がいるので「専業主婦になったらこんな感じなのかな」とも思っています。ある意味、勉強期間と捉えて今のうちに花嫁修業をしておくのもいいと感じています。

まずは料理です。今までは仕事と家事の両立でしたので中々料理に手が付けれなかったので時間が出来たので普段できなかったものを作ってみようと思います。

簡単なものは作っていましたが、ハンバーグすらまともに作ったことがなかったので綺麗に出来た時は嬉しかったです。この調子で料理上手になりたいと思います。

家事の中で一番苦手なのが掃除です。私はアレルギー持ちなので常の部屋を綺麗に保っておく必要があります。なので本当ならば毎日のように掃除をした方がいいのですが「明日でいいや」といつも後回しにしてしまします。

このクセは早々に直さなければと思っています。時間がありすぎて何をしていいかわからないけれど、貴重なニート生活を楽しむつもりです。