私の堪忍袋がキレて、とうとう主人と別居することに

主人と別居することになりました。ことの発端は些細なことでしたが、何回同じことを注意しても改善がなく、今回は、かなり私も将来に危機感を覚えたので、主人に出ていってもらいました。

具体的にあまり言えませんが、無計画な大きな買い物を、業者の上手い言葉に負けてしまいそうになったのです。我が家にそんな金はないのに…。このまま一緒にいては破産すると思い、離婚前提の別居に至りました。

最初は私が子供と出ていこうとしましたが、今週は予定がカツカツだったし、いきなり実家に小さな子供と一緒に帰省するのは迷惑かなと思い、主人に出ていけと言いました。なかなか出ていかない主人。仕方なく私が主人の母に電話して、簡潔に説明しました。

実家に連絡してしまったとなれば、出ていくしかない主人、荷物をまとめます。大好きなゲームとパソコンをしっかり持って。主人の実家にはまだ独身の弟さんが一緒に暮らしていて、主人とゲームやネットの動画やマンガの話が大好きなので、その弟さんと仲良くやるのでしょう。

離婚をしようかどうかは考え中です

二歳の娘は、パパが大好きです。ですが、今回は主人が私を怒らせたとわかったみたいで、お別れのときに泣きもしないで「パパ、バイバーイ!」と元気にいっていました。そんな娘の様子をみて、泣きそうな顔でしぶしぶ出ていきました。

その日から毎日、帰宅したいとラインがきますが、拒否します。万が一帰宅しても入れないように、しっかりドアロックしています。でも、なんやかんや離婚しないと思います。

面倒だからと、この際、主人のATM化を図ろうかと考えています。子供のためには離婚したいですが、口座の金を増やす目的のために、とりあえず家庭内別居までには戻そうかと思います。

普通は、子供のために離婚しないと言う人が多いでしょうね。しかし、私は子供がまだ物心つく前に決着をつけたいなとも思うのです。

それにしても、主人がいないと、弁当も作らなくて良いから楽ですね。主人がいなくてもやっていけるということが立証されました(笑)。